読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さておかれる冗談

脚本家でイラストレーターのシーズン野田が綴る「活字ラジオ」。たまに映画を酷評し気を紛らわす悪趣味を披露してます。http://nigaoolong.com/index.html

意外なテポドンの被害シーズン野田

北朝鮮のミサイルは、知らない間に日本を飛び越え太平洋に落下したらしい。

今朝見た飛行機雲はミサイルの軌跡だったのか?

ちがうよね。

何の被害もなく、とりあえず外交的にめんどくさいことにならずに済んだようだ。

そう安心していたら、隣の角田部屋から「やっべー…俺角田…」

という声が聞こえて来た。

そして部屋から飛び出た角田は、僕の部屋にやって来るやいなや、パソコンを金属バットで殴り始めた。

驚く間もあたえない、角田の愚行。

息を荒げる角田をなんとか抑え、大人な僕はわけを聞く。

どうやら角田の大事にしていたノートパソコンが急に壊れ、腹いせに僕のパソコンまで道連れにしようとしたらしいのだ。

ちなみに角田パソコンが壊れるのは今回が二回目。

さすがに腹がたったのだろう。

角田曰く

「大量のエロ動画に、ウブな俺のノートパソコンが耐えられなかったのだろう…」

とマジで言っていた。

それが原因かは知りかねるが、角田エロ動画はゆうに1テラは越えていたのではないかと専門家は言っていたので、あながち間違いではないかもしれない。

熱くなったパソコンを冷蔵庫に入れ冷蔵する姿は、フランスパンを頭に乗せはしゃぐ、ダリ以来の奇行であり、現代アートの正常な進化のようでもあったのだが、本人はおおよそ本気だ。

「これが意外に効いたりするんだ!」

と、大昔からの先人の知恵かのごとく得意そうに語る角田は、今思えばよっぽどパソコンが壊れ余裕もなく闇雲だったのだろうことを察してあげられなかった自分を恨む。

そしてパソコンは起動することなく、冷蔵庫から冷凍庫へと移されるのだった…。