読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さておかれる冗談

脚本家でイラストレーターのシーズン野田が綴る「活字ラジオ」。たまに映画を酷評し気を紛らわす悪趣味を披露してます。http://nigaoolong.com/index.html

ひさびさの撮影仕事  ライスタ角田

やっぱり外での仕事ってのは疲れるもんだなあ、と思いました。関係者に気を使いつつやるし、精神的にも疲れます。正直きらいですね!気を使うのは!ライスタです。

今日は仕事おわりに、野田とクライアント(モーフィングのマッシャーとたけP)とともに国立の「すず○ん」という小汚い
ラーメン屋に入ったんですがね。
小汚いラーメン屋に入るってのは、逆に隠れた名店的なものを少なからず期待しているわけです。本当に汚くてまずいもんを出す店だと思って入る馬鹿はいないですからね。

入った瞬間、全員無言になりました。おそらく、店を出るまで二言か三言しかしゃべらなかったように思います。たしかドラゴンボールで何巻が一番面白かったかを一人ずつ答えたくらい。

なぜか。
「臭い」んです。店内が。便所みたいなニオイが充満してます。飲食店ではありえないニオイです。だって、普通ラーメンつくったり餃子つくったりしてんだから、いいにおいがしなきゃおかしいんですよ。ありえないわ。そして臭い上に店主の態度が悪いときたもんだから、おいら笑っちゃったよ。笑うしかないよな。これで店をやってこれてんだから、たいしたもんだよ。おいら思ったね。実はこの店主は、政府に命を受けた極秘任務のためラーメン屋をカモフラージュでやってるんじゃないかってね。ハフー。
たけPは「便所のニオイかとおもって入店後すぐ便所に行って確認したんだけど、便所はいいにおいだった」とわざわざ後で報告してくれました。謎は深まるばかりです。
あれは何のニオイだったんだろう?
まあラーメンは普通においしかったんですけどね。ただライスを平らなお皿に盛って出す意味がわかりません。たくあんつきだぞ!

らーめん500円と安いので、臭くなきゃまた行くのにな。

 YOUR FRIEND, LIFESTYLE TSUNODA.