読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さておかれる冗談

脚本家でイラストレーターのシーズン野田が綴る「活字ラジオ」。たまに映画を酷評し気を紛らわす悪趣味を披露してます。http://nigaoolong.com/index.html

課してみた   シーズン野田

我が家は例年より寒いです。

やはり寒すぎるからか、体が勝手に脂肪を蓄え始め、横っ腹に見慣れない贅肉がプルンプルンとそよいでいるので、先日2年ぶりに石油ストーブを引っ張り出しました。

これで部屋が温まれば、体も余分な脂肪をためずにいてくれるだろうと思うので、食べまくって、痩せまくろうと思っています。



さて、冬休みに書き初めをしようと思っています。

何を書こうか考えているのですが、なかなか気の効いた言葉が思い当たりません。
 

最近、近所のスーパーの「カゴ」が少なくなっているのは加藤ふりかけのせいではないかと思っています。

彼はカゴに商品を入れたまま、我が家に戻ってくるので、家中カゴだらけです。

最近は、カゴを並べた上に布団をひいて簡易ベッドを作って寝ています。

テレビもパソコンも全てカゴの上に置いています。

カゴってちょうどいい高さなんですね。

重ねれば微調整できるし、なかなか便利です。

ただ、これだけ「カゴ」があるからか、今年も様々な「過誤」をやらかしました。

仕事上の過誤、プライベート上の過誤。

眉間に皺を寄せている日々でございました。

ストレスがだけがたまっていき、貧乏揺すりでかまいたちが現れるほどです。


ちなみに今年最大の角田の過誤は、髭を剃る拍子に絨毯までつるつるにしてしまう、というとんでもない「過誤」です。

だから今年は例年に増して部屋が寒いのですね。


でもよく考えると、その程度のことなんですね。

こうして暮らしていけているだけでもありがたいと思わなければなりませんね。

日々感謝です。

志村けんもそうブログで言っていますね。


きっと神様もがんばっている僕たちを見守ってくださいるのだろうと勝手に解釈しています。



そこで、書き初めでは「加護」という字を書こうと思います。


皆さんにも、神のご加護がありますように。



シーズン野田