読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さておかれる冗談

脚本家でイラストレーターのシーズン野田が綴る「活字ラジオ」。たまに映画を酷評し気を紛らわす悪趣味を披露してます。http://nigaoolong.com/index.html

僕が間違っていたと思うよ   シーズン野田

さてさて、さてさてさて。

今日もブログを更新しようと思い、今こうしてパソコンの前に座りまして、眠い目とポコチンを擦りながら、整列されたキーボードに、我が指たちをはわせているのですが、特に書く事はありません。



うんですけど、

街を歩いていてもかわいい女の子ってのはけっこういるんですよね。

いや、ブスもそれ以上にいるんですが、どちらかというと

かわいいこがいるなって印象の方があるんです。



まぁここは世界でも有数の大都会東京ですから、そりゃ美人が集まるわけですが、

逆にかっこいい男ってのはあんまりいない気がしているのです。


お前、自分が男であるから女に目がいきやすいのだろう?


と思われる方もいるかもしれませんが、
まぁそれは否定はしませんが、ただ、かっこいい男がいればかっこいい男がいたなって認識しますもん。


美的価値というのは相対的な要素が多いに含まれますので、それは男女問わないと思うんです。


逆に


「街には気持ち悪い男がいる」


って印象があるんです。

女の子に対する印象とむしろ逆なんです。

今日もかわいい女の子と、気持ち悪い男の子をたくさん見かけました。



特に気持ち悪いのが、高校男児です。

かっこいい奴含めて気持ちが悪い。

これは生理的なもので、相対的な感覚とは違いますが、

とにかく

コンビニでチキン食ってたり、アイス食ってたり、駄菓子食ってるのを見るだけで、

腹が立ちます。


生物兵器「思春」を食らってニキビだらけになったようなやつは、早く家に帰れって思います。


もし、自分がジグソー(映画「ソウ」より)だったら確実に標的にしてるだろう人種です。

髪型は一緒だし、ダッフルコート来てるし、たまに極度のセンター分けがいるし、




なんなんだこいつら!!





って嫌悪するのは、あの頃の自分が嫌いだからでしょうか…。

あの頃の俺、キンモ。

まぁ、今の方が気持ち悪いけど。

(結局自虐で終わるのね)


しかし

ライスタ角田のかわいいこセンサーはものすごい敏感で、

首をぶんぶん振り回し女子を観察ながら、街を歩いています。

ほぼ頭部は残像状態。

そしてどんぴしゃな女を発見すると




「持ち帰り成功」





と一言。

発見しただけで持ち帰った気になるのか、

はたまた、

脳裏に焼き付けているのか

真相はわかりませんが、

僕は彼をかっこいいと思っています。