読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さておかれる冗談

脚本家でイラストレーターのシーズン野田が綴る「活字ラジオ」。たまに映画を酷評し気を紛らわす悪趣味を披露してます。http://nigaoolong.com/index.html

酷評シネマ「タクシードライバー」

ナズナを食べるシャズナ

 

という駄洒落を思いつき、イザム以外のメンバーを想像する事ができず、ノッペラボウがムシャムシャと草を食い散らかしているイメージが頭から拭えない、シーズン野田です。

 

今回も映画を酷評します。

 

さて今回酷評するのは「タクシードライバー」。

 

知らない人はいないと思います。

 

伝説の外人こと、マーティン・スコセッシ監督の名作です。

 

今更ながらではりますが、実は観た事がなかったのです。

 

これはお恥ずかしい。。。

 

けれども、カミングアウトできてすっきりしました。

 

野郎どもの会話の中ではよく出る映画の一つだったりするので、観たフリで会話をするのは正直しんどかったのです。

全て「ちげーねぇ」と言っていればいいのですが、たまにカマをかけてくるいじわるな奴もいるわけです。

 

「なんだよそのモヒカン、タクシードライバーのデニーロじゃないんだから!」

「ちげーねぇ」

「タクシードライバーのデニーロみたいに、腕に銃でも仕込んでおけよ」

「ちげーねぇ」

「タクシードライバーのデニーロみたいに、スプーンで壁に穴をあけて脱獄しろよ」

「ちげーねぇ」

「……あれ、これ、ショーシャンクの空になんだけども?」

「…そうだよ、知ってるよ。タクシードライバーが脱獄するはずないもんね。駅前で終電逃したお客を待ってなきゃいけないんだからね!」

「……ふ〜ん」

というような、シチュエーションに幾度となく出くわすので、ここらで一回観ておいて、観たからってすぐにタクシードライバーの話ばかりすると「あいつ、ようやく観やがったな」と逆に今まで知ったかしていたのがバレるパターンもありえるので、平然を装い、機が熟したらしれっと乗っかるやつをやろうと思った次第です。

 

スコセッシの映画って実はほとんど観た事がありません。

ハスラー2」くらいかな。

 

なのでよくわからないのですが、「タクシードライバー」を観て、ひとつだけ言いたい事があります。

 

 

 

 

 

 

f:id:nigaoolong:20140316011146j:plain

マーティン・スコセッシ、あなたは映画をやめなさい!

 

 

おそらく、「スコセ、お前、ぜってー映画やったほうがいいって」

 

と言われまくっている人生だと思うので、ここまではっきり「やめて」と言ったのは自分か横山弁護士くらいじゃないでしょうか。

 

f:id:nigaoolong:20140316011329j:plain

 

 

 

 

なぜか。

 

まず、「タクシードライバー」というタイトルから想像した話が全然ちがうのです。

 

タクシードライバーっていうもんだから、駅前で終電のがした客を捕まえるときのコツや、ワンメーターしか乗らないお客に対しての本音など、タクシーに関しての様々なエピソードが出てくる、タクシー業界のあれこれを描いた映画かと思いきや、ただ主人公の職業の設定がタクシードライバーってだけっておいおい。

 

しかも、この主人公、頭がちょっとおかしいんです。

 

変人です。

 

だからタイトルは「変なタクシードライバー」にするべきです。

 

それか、「こんなタクシードライバーいやだ!」とか。

 

そうすれば、タクシー業界の話というよりも、個人にフォーカスした映画だということで、いらない誤解を防ぐ事ができます。

 

 

とにかくタイトルが適当すぎる。

 

 

それと、この映画の最大の難点(にして、魅力でもあるのかもしれませんが)は、デニーロの頭がヅラにしか見えない事です。

 

何でヅラをかぶっているのか?

 

何かの伏線なのか?

 

気になって仕方なかったのですが、ヅラ屋にメンテナンスに行くシーンもなければ、仲間がひそひそしているシーンもなし。

 

 

う〜ん、誰か早くつっこんであげて!!

 

 

 

……と言う気持ちが落着いてきた頃に、ようやく、そのヅラの正体がわかります。

 

 

 

 

 

f:id:nigaoolong:20140316011151j:plain

デニーロが、モヒカンになるのです。

 

つまり、順撮りができず、モヒカンのシーンから撮影したもんだから、モヒカンを隠すために、ヅラで対応するしかなかっただけなのです。

 

あれは、カツラながら、カツラではないと言う、時代劇のカツラの意味合いと全く同じだったのです。

 

恥ずかしい。

 

まるでチングリ返しをされている気分です。

 

時代劇を見て「なんでみんなヅラをかぶってんだ?みんな禿げてるのかな」と、テイを知らない、天然のクソバカ野郎か、もしくはコンピューター野郎と一緒の発言を、さもありなんとしていたのです。

 

こんな辱めを受けたのは、小五の時に太っているからという理由で、運動会の組体操で太鼓の合図を出す役割を与えられた時以来です。

 

ドン!と太鼓を叩くたびに、胸の脂肪が揺れ動きます。

 

 

 

ということで、僕にとってはなんとも苦い映画になってしまいました。

タクシーがあったら、金があるだけ遠くに行きたい、そんな気分です。

 

 

 

まったく、大村崑みたいな顔しやがって!87点!!

f:id:nigaoolong:20140316011156j:plain

 

 ↓読んだ人は必ず、押して下さいね。


人気ブログランキングへ