読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さておかれる冗談

脚本家でイラストレーターのシーズン野田が綴る「活字ラジオ」。たまに映画を酷評し気を紛らわす悪趣味を披露してます。http://nigaoolong.com/index.html

米米クラブ  シーズン野田

米蔵を襲う、米米クラブ



といつ駄洒落を思いつき




カールスモーキー石井が先陣を切ってクラブ仲間と米蔵を襲うシーンをドラクロアが生きていたら描いていたであろう」




という的外れなキュレーションで展覧会を実現させたいシーズン野田です。







ドラクロアの名画『片乳を放り出すほどの勇ましい女』を初めてみた時の衝撃を今思い出しました。

そのような衝撃を自分も与えられたら…と思い日々格闘しているシーズン野田でもあります。




ミスチルの名曲「イノセントワールド」を略して「イノワー」と呼称するオタクぶりも健在しているシーズン野田です。





いちいち自分のプロフィールをあげていては切りがないので、最後に一つ。










撰ばれてあることの恍惚と不安と二つわれにあり……だぁ?




やべ、写真間違えたせいで、意味が逆になった。
じゃなくて、こっちね。




撰ばれてあることの恍惚と不安と二つわれにあり





さて、ブログをほぼ日で綴っておりますが、糸井重里ではございません。


僕と糸井重里がごっちゃになる人は


手が土で汚れている方が糸井重里である。


と覚えて下さい。


徳川埋蔵金を掘り当てるために、日夜世界中を素手で穴だらけにする名物おじさん」




という肩書きから察していただければと思います。




とても個人的だし、誰に当てているわけでもなく、ただ好き勝手書いているだけのお粗末な、ほとんど誰も読んでいない、阿鼻叫喚と化した、それでいて奥ゆかしい、気狂いブログではありますが、気持ちを整理したり、思考する癖をつけるために、ほぼ日で綴っているわけであります。


別段書くこともない、そんな日もありますが、むりやり両手をキーボードに乗せ、貧乏揺すりを駆使して、とりあえず文字を打ち込む。

そして、現れた文字達に導かれるように、文章なのかなんなのか分からない戯言を、


ノリと冷静と情熱の間をさまよいながら、泳がせるわけです。




「冷静と情熱の間」とはいえ、二人で書いているわけではありません。

あくまで一人で書いてます。





もし、僕と、辻一成&江國香織のコンビがごっちゃになる人は、


そっくりなサルが指さしている方が、辻一成だと覚えて下さい。


この場合、江國香織には言及しなくてもさずがに分かると思います。




ちなみに「失恋しても片足で踏ん張るフラミンゴ」の方が、僕です……。




僕の失恋話が聞きたい人はいいね!を押して下さいね。