読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さておかれる冗談

脚本家でイラストレーターのシーズン野田が綴る「活字ラジオ」。たまに映画を酷評し気を紛らわす悪趣味を披露してます。http://nigaoolong.com/index.html

バウスシアターがなくなるってばよ。     シーズン野田

映画

モスバーガーで申す、ラモス





という駄洒落を思いついて、




昔、少年がカレーを食べて、徐々にラモスにモーフィングしていくCMを思い出しました。

このCMを思い出す時にいつも出てくるセリフが




アルシンドに、なっちゃうよ!」



なのですが、少年がなっているのはあくまでも「ラモス」なので、微妙なねじれが記憶に生じているようです。


確かこのセリフは、カツラメーカーのCMか何かだった様な気がします。


以上が自分のサッカーにまつわる精一杯の記憶です。

本当に興味がありません。

悲劇的です。

僕はこれをドーハの悲劇と呼んでいます。



正直、サッカーが好きだったらどんだけ仲間が増えたんだろう?って夢想することもあります。

ミスチルの桜井さんはサッカー狂で有名ですが、ミスチル狂いの僕とはいえども、サッカーにだけはどうしても関心が持てません。


ちなみにオリンピックも全く興味がありません。


「五輪」は僕の中では、ただの頭を殴る時の擬音でしかありません。


ゴリッ……ン!!!



「ン」が余計でムカつきますが、僕がコミュニケーション障害(略してコミ害)である理由はスポーツが駄目であるのと関係しているのかもしれません。


ただ、最近はリア充になり、リア王を目論み、ブログの閲覧が100兆を超えを目指しているので、サッカーに興味のあるフリをしようとがんばってます。


「え?サッカー?知ってるよ〜。しってるしってる。あ〜知ってるな、それ!え?あ〜はいはい、オフサイドね。あ〜あれね、はいはい、しってるしってる」




と言うように、「しってる」を連呼しておけば、やりすごせることに気がつきました。





さて、「バウスシアターがなくなるってばよ!!!」
http://bakuonnews.tumblr.com/post/76408976598/7-the-last-baus
ナルトだったらこう言うだろうね。









「バウスシアターがなくなるナリか?!!」


コロスケだったらこういうのかな。







「バウスシアターが…らっしゃい」

ブタゴリラの親父ならこういうでしょうね。






「わすもうかうかしてられねーっす」





バウスシアターとは、吉祥寺に古くからある映画館で、社長が道楽でやっています。

爆音映画祭なんかが有名です。

ここは「マンデイ」ということで、月曜日は男性は1000円で観れるっていう粋な事をやっていたりします。




実は僕らにがウーロンとしても、大変お世話になった映画館で、去年はここで催されたムービンピックで最高な賞を受賞させていただきました。



また、同じく社長が道楽でやっている、一階のリドカフェでは、


中野の観光大使としての名をほしいままにしている天才イラストレーター、ヨシムラヒロムと実験的トークライブ「デパーチャーズ」をやらせていただいたりと、なにかと関わっています。


普通に打ち合わせ等で使わせてもらったりもしたな。


あ、何回かウンコもしたっけ。



吉祥寺に来てもう数年経ちますが、数少ない「居場所」の一つでした。

う〜ん、そうか。

映画撮ったら流してもらおうと思ったのにな。

ウンコした時に、流してもらったようにね。



もたもたしてる場合じゃねーな。


いつ何がなくなるか、いつ誰が死ぬか、本当わからんなぁ。


とても面白い社長で、吉祥寺を盛り上げたい、っていう意思を感じる熱い男でした。



ご冥福をお祈りします。。。



って死んでないか。


え…死んだの???





変わりゆく町並み。けど、変わらない心がある。

君がいて、僕がいる。