読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さておかれる冗談

脚本家でイラストレーターのシーズン野田が綴る「活字ラジオ」。たまに映画を酷評し気を紛らわす悪趣味を披露してます。http://nigaoolong.com/index.html

本日2日目。ボクも久々に「テラーオブハウス」を劇場で見てみました。

映画 にがウーロン 今週のお題

今週のお題「一番古い記憶」

 

ずっとルームシェアをやっていました。夢を追い続けるために、諦めないために、少しでも生活にお金をかけないために。

今思うと、それは夢という強迫観念が無意識にこだまする無用の長物だったようにも思います。「夢」の裏側にある「諦め」が常に自分を脅かしているのです。

 

 

そんな話を今日のトークイベントのゲストの岨手監督としていました。

そして、

 

 

f:id:nigaoolong:20150831015555j:plain

「にがウーロンて暗いよね」

 

と、はっきり言われました。

バレてます。僕らは完全に根クラです。坂元パルムがかろうじて根アカを装っていますが、本質的には全員根クラです。ネットクラブです。

ようは真面目なんです。が故に適当に流すのも下手だったりして、いつだって誤解を生む。

その辺を言及するあたり、さすが岨手監督だと思いました。まぁPFF時代はもっと暗い映画でしたからね。

心の病気だと言って良いでしょう。

 

さて、2日目はボクも客席で映画を鑑賞してみました。

そして、いろいろ思う事もあったのですが、あれ、なんかこの映画

 

普通に面白い。

 

自画自賛で申し訳ないのですが、客席で一番笑ってるという最悪な事態になってまい

 

 

イタさ爆発!!!!!

 

 

いやぁ〜、あんまり内容覚えてなく、ヤケに新鮮に鑑賞できたんですよね。

「ホラーなのに声出して笑ったのは初めてです!!」なんて言われたのが嬉しかったのですが、別にホラーって笑いとりに行ってるわけじゃないからね。

 

物事の境界線、恣意性への言及がこの映画の肝であるように感じました。

 

とにかく、もっと多くの人に見てもらいたいなぁと言う気持ちがいっそう強くわいたわけですが、ここで3日目のゲストを発表します!!

 

 

 

 

 

f:id:nigaoolong:20150831023139j:plain

8/31   枡野浩一(歌人)

世界一売れている現役男性歌人であり、多くの支持層を持つ。コピーライターフリーライターを経て1997年短歌集『てのりくじら』『ドレミふぁんくしょんドロップ』で歌人デビュー。短歌以外にもエッセイ漫画評論現代詩小説などさまざまなジャンルで作品を発表している。五反田団の演劇「生きてるものか」に俳優として出演したり、お笑いトリオ「詩人歌人と植田マコト」の元メンバーだったりと、演じることにも意欲的な歌人

 

ということなんですが、とにかく凄い人で、高校の教科書にも作品が掲載されている人間国宝です。なにがいいって、顔がいいですよね。

 

f:id:nigaoolong:20150831023139j:plain

 

しゃべり方とかも、ずっと聴いていたいようなやさしい物言いで、まるで夜回り先生です。

 

言葉のプロなので、かなり緊張をしますが、びしばしと批評していただける事を期待しております。

 

これで映画も込みで1000円ですからね。

 

絶対に逃さないでくださいよ。

 

以下、枡野さんの参考映像です。福山雅治じゃなくても「実におもしろい」と言ってしまうレベル。

ゴロウ・デラックス 2015年1月22日 150122 枡野浩一がゲストで登場! - YouTube

 

平日だから人がいないなぁ、なんていうのはやめて下さいね!!