読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さておかれる冗談

脚本家でイラストレーターのシーズン野田が綴る「活字ラジオ」。たまに映画を酷評し気を紛らわす悪趣味を披露してます。http://nigaoolong.com/index.html

単独ライブへ来てくれた方へ感謝とお詫びといいわけの狼藉。二日目の恐怖!!!久々に更新です!!写真多数!

にがウーロン

今週のお題「おすすめの手土産」

 

 

すっかりとブログを怠っていました。

 

 

にがウーロンの本公演があり、ほとんど手一杯で、ブログを更新している余裕がありませんでした。膨大なセリフを覚え、ネタを書き、なかば仕事もしながらですから、こんな余人コンテンツに手を焼く暇はないのです。

あ、自分はにがウーロンというコントユニットに所属しております。え?にがウーロン?新しい連ドラかなにか?絶対視聴率悪いじゃん!的な人に一応情報共有です。

このブログでしか自分を知らない人は、あまりの音沙汰なさに、自分探しの旅へ出たのだろうと、雨と晴れの境目を探す旅へ出たのだろうと、思った事でしょう。まぁ、いいようによっては間違ってはおりませんが。

 

ということで、先日無事閉幕いたしました、にがウーロンのコントライブ「ライスケーキパウンディングパーティ」にお越しいただきました皆様、ありがとうございました!

f:id:nigaoolong:20151025184326j:plain

平日のど真ん中にもかかわらず、なんとか席が埋まりほっとしております。

誰もこないだろうとお思っていたので、ろくに準備もしておらず、まるで滝川クリステルが、噛んでしまった「おもてなし」のようではありましたが、意外と好評でした。

もちろんその裏には、もの言わぬ酷評が牙をむき出し、茂みの奥から目を光らせ我が首元を狙わんとしている事は承知でございます。

なんども噛まれて瀕死に追いこまれてますから。

 

およそ100分、ぶっとーしで、コントをやり続けました。いつも使っていた映像も一切使わず、幕間も休む事が出来ません。

セリフも多いので終わった時には口が回りません。自ら蝋人形状態なので、小暮閣下に手間をかけさせずにすみましたが。

 

今までとは違った事をやると言う意味において、自分達の中ではちょっとした挑戦でした。いつも使っている映像も一切使いませんでした。

「映像ギミックみたかった!!思ってたのと違う!マイナンバー反対!」

と、どさくさ紛れて悪法批判をしてくる方もいましたが、まぁ、映像なら僕らの映画を見て下さい、ネット世論を盛り上げ国に訴えて下さい。

と言いたいところですが、次は多分使うような気もしてます。わかりませんけど。映像とか使うと、ちょっと映像やってる人とかが「あんなのだったら使わない方がいい」とかいちいちうるさいからムカつくんだよな。まぁいいや、それはまた別の話。

 

 

 

今回やってみて気がついた、いや、核心にかわった事は、二回目には魔物が棲んでいるということです。

二回目がウケません。

「身も蓋もないこというな!」とお叱りをウケそうではありますが、これは世の中の真理となりつつあります。僕らのせいではありません。

本当に、お客さんが固い。

かといって、お客さんのせいでももちろんない。

魔物のせいとしかいいようがない。

まぁ、分析すると初日のウケかたが基準になり、演じる者に、構えや踏まえ、が出来てしまうってことなんだと思います。初日はお客さんも、役者も何がおこるのか分かっていない。だから、お互いに作り上げる気持ちが働き、似た緊張感を持っている。

しかし、二回目になると役者は何が起るのかだいたいわかっているが、今度はお客さんはわかっていない。というような、気持ちに不均衡が生じる。まるで予定調和をみせなければならないので、シラケる。こっちも一回目でウケたところがウケない!と言うような照らし合わせで、動揺する。声が小さくなる、悪循環。。。というスパイラルに陥り、全体とし笑う雰囲気ではなくなってしまう。

だから、二回目に来ていただきたお客様には、謝りたい気持ちになります。犠牲になっていただくわけですから。今度からは二回目は<犠牲割り>にします。

三回目からは調整ができるので、そこまでひどい事にはなりません。したがって、<調整割り>は今のところする予定はありません。

ここまで手の内をあかし、恥を忍んで書いているわけですから、まぁどのような状況だったのかは察していただきたいのですが、このブログの読者の方々なら、すんなりと受け入れ、慰めてくれる事でしょう!!!

 

 

 

 

さて、映画やったり、コントやったらり、お前等はなんなんだと!と、就職しろ!と、普通ならお叱りをウケる立場なのですが、快く色んな方に来ていただきました。

 

初日、本番直前に、コントユニットのテニスコートの神谷さんとばったりトイレで遭遇!まさかの来場だったので、緊張で全部もどしそうになりました。神谷さんがきてる…やべー。。と、楽屋での緊張はMAXに。。なんで会ってしまったんだ!!

 

先日上映した「テラーオブハウス」に出てくれた、山崎真実さんは、

「野田さんのテンパリ具合が良かったです」

と最高の惨事じゃなくて賛辞をくれました。また、同じく映画に出てくれた小川紘司さんも「野田さんのテンパリ具合が良かったです」と、またもや賛辞をくれました。

本当にありがたいです。

 

f:id:nigaoolong:20151025184540j:plain

 

 

 

同じく映画に出てくれたさんは、ブログにまで書いてくれてます。

ameblo.jp

時間を割き、両手を駆使して間接的にキーボードをうまいこと使いこなすという労力をかけてくださり、本当に恐縮です。ありがたいです。また何か一緒にやりましょう。

 

 

 

 

また、魔の二日目に歌人枡野浩一さんが来て下さいました。

一番前でドカーンと見てるから、震えました。

f:id:nigaoolong:20151025184316j:plain

よりによって、二日目…だったのですが、メルマガやツイッターにも嬉しいことをたくさん綴っていただき、本物の物書きの方に文章を書いていただくと言うなんとも贅沢なことをしていただきました。枡野さんの「笑い批評をお笑いによって遂行している」という視点に溜飲が下ると言うか、妙に納得してしまい、ぐるぐる頭を回っています。これは「性格ですね」と。なるほど。

大変励みになりました。

毎日やめようと思っているのですが、もう少し続けてみようと思えました。

 

 

ちなみに、枡野さんのイベントにゲストで呼ばれましたので、今回来れなかった人は是非いらして下さい。場所は同じくサラヴァ東京です!!

https://www.facebook.com/events/1263312960361349/

note.mu

サラヴァ東京は料理が本当に美味しいので、是非とも来てみて下さい。

ほとんどやらない、枡野さんのポエトリーリーディングは貴重です。他にもゲスト多数でるようで、楽しみ!!!

 

 

 

 

ということで、今回、SNSに上げていった、カウントダウンフォトをドカーンと載せます!

 

 

f:id:nigaoolong:20151025185501j:plain

f:id:nigaoolong:20151025185508j:plain

※ピョコニズムで稽古も白熱!

f:id:nigaoolong:20151025185517j:plain

f:id:nigaoolong:20151025185525j:plain

f:id:nigaoolong:20151025185552j:plain

f:id:nigaoolong:20151025185541j:plain

 

f:id:nigaoolong:20151025185603j:plain

 

f:id:nigaoolong:20151025193233j:plain

 

f:id:nigaoolong:20151025185701j:plain

 ※青森からいつも送ってくれます。どんな小規模なイベントでもお花が届きます。未だその姿を見た者はいない。。。??ありがとうございます!

 

 

 

いかがでしたか?

少しは緊張感が伝わったのではないかと思います。

 

 

 

 

さて、今週のお題である<おすすめの手土産>について!

今回も沢山の差し入れ(手土産だよな?)をいただきました。

 

本当に素敵な皆さん、ありがとうございます。

 

本当は全部の方の差し入れを紹介したいくらいなのですが、ちょっとかわった差し入れをご紹介します。

 

 

 

 

僕の尊敬するピョコタン先生からの差し入れです。

f:id:nigaoolong:20151025185620j:plain

直筆のイラスト!クオカードです!

魔の二日目だったのですが、ツイートまでしていただきました。たまたまファンで番組を見ていただけなのに、逆に見てもらえるってのは、普通に感慨深いです。。。ありがとうございます。。ちょっと、これは、使えませんね。ピョコタン先生は、いつもの黄色のピョコタンTシャツではなかったのすが、新鮮でした。感動!

 

 

 

 

 

 

最後に、いつも支えて下さる、スタッフの皆さん、本当にありがとうございます。そして、すいません。僕らの狼藉はまんま皆さんへ負担となっていると思うの で、坂元パルムを生け贄に、どうかストレスを発散していただければ……という思いを込めて、イラストを描きました。 どうか許して下さい。

 

f:id:nigaoolong:20151025182440j:plain

 

最後に、急な企画にもかかわらず、快くお手伝いして下さった、サンディの皆さん、

また、この様な素敵な場所で僕らの粗忽な舞台を快く上演させてくださいました、サラヴァ東京の飯塚さん、紹介してくれた渡辺さんに謹んで厚く御礼申し上げます。

ありがとうございました!!

 

シーズン野田

 

 

 

f:id:nigaoolong:20141024173811p:plain

PS.枡野さんのイベントに来てね!

https://www.facebook.com/events/1263312960361349/