読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さておかれる冗談

脚本家でイラストレーターのシーズン野田が綴る「活字ラジオ」。たまに映画を酷評し気を紛らわす悪趣味を披露してます。http://nigaoolong.com/index.html

スペシャルコラム『ピョコタンとTシャツと私たち』vol.1

7月にオープンした出来立てホヤホヤホヤのイベントスペース渋谷LOFT9にて、我々にがウーロンと、天才コンテンツホルダーであるピョコタン先生でコントイベントをすることになりました。

 

ということで、今回は私シーズン野田と、ピョコタン先生との出会いを語らせていただければと思います。

 

いわば<出会い編>です。

 

思い起こせば、1年前。何気なく「任天堂」でyoutubeを検索したときのことでした。

自分はいわゆる「任天堂信者」というやつで、中学生の時に周囲がプレイステーション派だったにもかかわらず、数少ないロクヨン派であることをこじらせつづけて、今も任天堂に並々ならぬ執着があるのです。

 

任天堂のモノづくりや、ソフトにかけるこだわりが、今の自分の創作の原点になっているのかもやしれません。

正直、ゲームは全くやらないのですが、任天堂に関しては毎日検索は欠かしません。任天堂信者、ネットスラングで言うところの任豚というやつですね。


で、youtube任天堂を深めに検索していった先に、ピョコタン先生の配信動画に出会ったわけです。


それは、

 

PS4発売日の列に並んでWiiUの魅力を力説してたら係員にガチ説教された   https://www.youtube.com/watch?v=2ZiQAoLW5yk

 

という内容のものでした。

今か今かと販売を待ち構ええている、ファンの列に体当たりし


「PS4の魅力を教えてくれ!WiiU買ったほうがいいに決まっている!任天堂のゲームはWiiUでしかできないのだから!!」

と力説して回り、しまいには、

「あなたたちがゴキブリなんですよ」
 

と言い放っています。

 

ちなみにゴキブリというのはPS信者のことを示した2ちゃんスラングね。
反対勢力であるPS陣営に乗り込むピョコタン先生の姿は、正直ながら最初は「奇異なるもの」でしたが、見ているとどんどんのめり込み、まるで彼が自分であるような錯覚すら覚えました。結局最後まで見入ってしまった。

中学以来、自分の周囲に長いこと任天堂信者はいませんでした。

2ちゃんねるを見ても、そこにはテキストでPS陣営(ゴキ)とやりあう任豚がいるだけ。
そんな中、実態として浮かび上がった任天堂信者こそがピョコタン先生だった、のかもしれません。

しかし、普通だったら、炎上狙いのキチガイ馬鹿騒ぎに思われなくもないのですが、ピョコタン先生を見ていると、その裏には確かな使命感やジャーナリズムが存在しているように感じられ、いやらしさのようなものは感じられませんでした。

ネタ的に盛り上げる部分があるとは思いますが、そうせずにはいられないという「行動したことこそ人間の全てである」という無自覚な衝動を感じ、それは自分にはないものだったりするので、とても励みになると同時に、ある種の嫉妬すら感じました。


すごい人がいる。

本当にそう思いました。

そこから、毎日ピョコタン先生の動画を漁るように見はじめましたのです。
出るわ出るわの、おもしろコンテンツ!!


ハラハラしながら、時に大笑い(⇦なんてやすっぽい表現)。

そういう作品てなかなか作れません。

特に実体験レポート動画は、まるで映画を見ているかのように僕の心を動かしました。

言っておきますが、そこらの数字稼ぎのやってみました系ユーチューバーとは違います。


「自分は全クリエイターのためにやっている」

そう連呼しながら、お金を払わない出版社に乗り込んだり、クソな出版社とのやりとりのメールを公開したりして、二次被害を阻止するべく先陣切って戦う先生の姿はまるで、ドラクロワの絵画のように気高く目に映るのです。

もし中学生の自分だったら同じように自分の名前入りのTシャツをきて、おかっぱ頭にしているだろうと思います。


そのくらい、言葉や行動に威力があるました。

多分自分は、自意識多めの人間が好きなんだろうなぁ。


任天堂もそう。自分は他の誰とも違うぞという自意識。

その自意識が最大のヒットを生むとどこかで信じてる節がある。

それは成功せぬと、イタい恥ずかしい人間だ、と社会からはレッテルを貼られるのだけれど、ピョコタン先生はそんなことはお構いなし!!と、我が道を進むのです。

セコセコとわけのわからないコントを書き、だれかお金出して〜〜と言いながら、フィクションにまみれた映画をこさえているこじらせた自意識の肥溜めの中で創作する、自分は一体なんなんだろう。。。

それは、自分の表現アイデンティティーの根幹を揺るがすシンボリックな出来事でした。

さて、すっかりファンになった自分ですが、あることがきっかけでピョコタン先生に接触を試みることになりました!!


ということで、続きはまた明日!!!

 

♩         ♩          ♩

 

 

にがウーロン night vol.4

にがウーロンのコントライブ「振り返ればピョコがいる」

OPEN 19:00 / START 20:00

前売¥2500(前売り特典スペシャルコラボTシャツ付き!)

当日¥2000(+共に飲食代別)

前売予約先→ https://coubic.com/niganight/286984

【出演】にがウーロン(シーズン野田、ライフスタイル角田、坂元パルム、加藤ふりかけ

【ゲスト】ピョコタン

今年もこれがないと、にがウーロンnight!

映像やコントで活躍する「にがウーロン」のスペシャルイベントです。

今回はドカーンとコント祭!奇抜なコントでお出迎え!

さらに天才コンテンツホルダーピョコタンがやってくるという、まさにクリエイティブ夏祭!

コントライブにプラスして、ニコ生配信者としても超絶な人気を誇るピョコタン先生が、ニコ生配信では聞けないような「ここだけのやばい話」をしてくれくれます。

コラボレーションコントもあるかも?

現代クリエイター論とでもいうべき内容で、生きづらい現代社会を楽しく自由にやっていくコツを伝授してもらいましょう!

※さらに!前売りでご予約していただいた方限定で!!ピョコタン先生が本イベントのために描き下ろしたイラスト入りの限定Tシャツをプレゼントしてしまいます!!

他では一切手に入らない、レア物Tシャツ!

(だから前売りのほうが少しだけ高いって話!)

 

ぜひ、前売りでのご予約をお勧めしますよ!!

http://www.loft-prj.co.jp/schedule/loft9/46694