読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さておかれる冗談

脚本家でイラストレーターのシーズン野田が綴る「活字ラジオ」。たまに映画を酷評し気を紛らわす悪趣味を披露してます。http://nigaoolong.com/index.html

さーてと、ブロガーっぽくキングコング西野の件について、本質からずれて語ってやろう。

お題「今日の出来事」

今更この話題に触れるという愚行を、神様、どうかお許しください。

 

自分もクリエイターの端くれでして、普段からモノづくりの中核について当ブログでは語っておりますので、やはり「クリエイター」にまつわる話からは目を背けることができないのです。

 

 

神様「許すよ」

 

ありがとうございます。

 

まず、この件に関しては何が何だかさっぱりわからないのですが、一旦整理しておきます。

 

 

キングコング結成→小森のおばちゃまやマッチのモノマネで人気が出る→ボクサーになる→俳優になる→水墨画を描く(絵を描く時は左利き)→絵本を無料にし炎上

 

ってことでいいかな。

 

 

 

 

・・・油断してたら、途中から片岡鶴太郎になってしまいましたが、まぁいいや。

 

 

 

 

 

 

f:id:nigaoolong:20170122212434j:plain

たらしこみ!!

 

 

 

 

 

とにかく、絵本を無料で公開したら、いろいろな理由をもって炎上してると。

 

そういうことですね。

 

まず、西野さんを語ろう。

 

現在西野さんは嫌われてるらしいですが、僕はどちらかというと好きですね。

クリエイターたるものこうあらねばならないと、語りかけることのできる数少ない人間です。もっと自意識をさらけだし、「表現とは!今とは!」って臆面なく語ってもいいと思うんですよね。今までは作ることで語るじゃなく、まんま自分を語ってしまおうという姿勢は「お笑い」の人の美徳に反するのだろうし、大物にしか許されなかった態度だと思うのだけれど、もう誰もが語る場があるのだから、大いにやっていただいて結構。「お前が言うな!」に怯えないかっこよさはイタくもあるのだろうけれど、むしろ自由を手にしているように感じて眩しいほど。

 

西野さんは眩しいよ!

 

基本的につっかかる人は「嫉妬」だと思いますね。

 

光源を見つづけて、目をそらすけど、残像だけ残ってて、その残像に邪魔だって言ってるだけ。

 

彼を見ないでイチャモンつけてるんですね。お互いに光源同士ならいいんですけど。

 

ただ肯定して真に受けるのも問題です。

 

それは批判してる人と結局は同じになりかねません。

 

本質的に西野的な人間じゃないのにもかかわらず、変に憧れてエセ西野で人生を突破しようとすると、結果、人生をこじらます。

 

大麻パーティーでおなじみ、高樹沙耶さんは大麻の眩しさを真に受けてこじらせた側の人間だと思いますね。

大麻はおそらく利権問題かなんかで非合法なんだと思うけれど(知らんが)、きっと素晴らしい自然の奇跡なんだと思います。

それを「解放したい!あたし女優!」というのもよーーーくわかる。

 

けど、吸引したらだめだったわけ。やっちゃったわけ。

 

大麻の素晴らしさを知りすぎて、やっちゃだめな社会の方が悪く思えて、脱社会化してしまったわけよ。

 

「こんな社会くそくらえ!」って。

 

で、結果捕まるんだよね。

 

同じように西野さんがそうだっていうのではなく、それを真に受け肯定するチルドレンはやばくなりそうな気がするなぁ。。。

 

俺とかね。

 

この姿勢は、立ち向かう姿勢でもあるのだけれど、一方では通常のやり方に白旗ふってる試合放棄とも捉えられかねない、逃げの姿勢とも言えるからね。

 

基本人間は逃げたいんです。

 

僕はいつも逃げたいですよ。自由になりたいですよ。

 

自由になるってことは、炎上して、嫌われるってことに他ならないからみんなやりたがらない。覚悟がいることなのです。だから多くの人間が不自由を望むんだね。

 

その覚悟がないと、ただただ時間だけ使って定年迎える年齢に差し掛かっ時に「あれ?俺一人じゃね?結婚し忘れた!年金払い忘れた!」

 

ってことにもなりかねない。ああ、おそろしい。

 

それも自分の道だって思えれば全然いーんだけど、本当に立ち向かっているのか、逃げているのか、見極めなくちゃなりませんわ。(逃げるは恥だが、役に立つともいうしな)

 

あくまでも西野さんは「自分で考えろ」ってことを言い続けてるだけですからね。

 

つっかかる人は、自分で考えたくない人なんです。

それって西野さんのやり方サイコー!俺も俺も!って態度と一緒だよね。

 

もしかしたら西野さんは最初はそういう人間じゃなかったかもしれない。厳しい芸能界を経てきて、そうなったのかもしれない。

 

その醸成され、蓄積されたルサンチマンとか憤りが、このようなヒールを生んだとしたら、そこをすっぽ抜いて真に理解するというのは、本人でないガヤが理解するのは大変だと本当は思います。

 

話がだいぶそれてしまいました。

 

 

 

 

で、今回の無料公開事件。

 

僕にはよくわかりません。みんな違ってみんないいよ!アディオス!

 

本人に権利があって、自分でケツを拭く覚悟で考えてやってるわけだし、おそらくある程度の反論も織り込み済みだとしたら、本人としてもしめしめって感じで、実は何も問題ないんじゃないかなぁ。誰も死んでないし。

 

クリエイターの価値が落とされるという弊害論が出るものわかるし、タダで享受する文化は業界を滅ぼすという理論もよくわかるけど、クリエイターって多分そうは思わないと思うの。

 

破壊が原動力であるはずだから。くやしー作ろう!ってなるはずだから。

 

いや、表現者でいろいろ言う人は、自分に言ってるだけだからね。合わせ鏡みたいなもんでね。

 

でまぁ、唯一自分が「どうなんだろなぁ」と思ってないところがあるんだけれさ

 

 

 

・・・・その・・・・

 

 

 

・・・・絵が微妙じゃない?

 

 

フォトショップで書きましたみたいな感じとか、煙の描写とか、構図も。

 

ええ、大主観ですよ。

 

今回の無料公開事件で気になったのはそれくらいかな。

 

話は悪くないけど。

 

もっと売り方とかだけじゃなくてさ、作品の話をしてくれよって思いました。

 

 

f:id:nigaoolong:20170122225630j:plain

たらし込みって技法で描いてるらしいよ。「趣味悠々」でやってましたけど。

 

おっと、これは鶴太郎だ。