読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さておかれる冗談

脚本家でイラストレーターのシーズン野田が綴る「活字ラジオ」。たまに映画を酷評し気を紛らわす悪趣味を披露してます。http://nigaoolong.com/index.html

くる〜きっとくる〜!   シーズン野田

それは酒の臭いとともにやって来た。




にがウーロンの生みの親こと、加藤ふりかけが270度に開いたガニ股で我が家にやって来たのだ。


「俺はフェリーニ、フェデリコのとこのフェリニーだ!」


そう言いながら彼は、寡黙にお下劣漫画「ケツ犬」を描いているライスタ角田の背中に、Tシャツの上からフェリーニのサインをし始めた。




全く気がつかない角田に味をしめ、ペンは首元に…。



しかしそれが仇となった。

実はライスタ角田の白いうなじは大のお気に入り性感体であり、ドのつくほどの、敏感地帯だったのである!!

角田「ハフー!」

射精寸前の角田は、ようやく背後の加藤ふりかけの存在に気がつき、筆ペン片手にぶち切れた(彼は通常筆ペンで漫画を描いている)!!


死闘である…。

時計は午前三時を回っている。

どんなグラディエーターでも、安眠している時間だ。

しかし、ここ小平の我がアパートは、「カス天才漫画家」ベンチャー信濃人」異種格闘技戦のリングと化した。

鬼に金棒のごとし「角田にペットボトル」で有名なライフスタイル角田は、データ通りの作に出る。


角田にペッドボトル。










角田にペットボトル。


しかし、なかなか懲りないヘラヘラと笑っている加藤に、角田は最後の手段に出た。




恥ずかしい過去のホモ写真



…さすがにこれには加藤も黙っていられず、反撃に出た。


とその時、せまるベンチャー信濃人のポケットに角田は何かを発見した。


角田「ゴゴゴゴキジェットだ!!」



そう、角田はゴキジェットがおからの次に大嫌いなのである!

つかさず、角田も、サランラップで腕を補強し攻撃力をあげようと試みるが…



愚作。


なぜなら、補強された腕は威力は増したももの、その重さ故にスピードに乏しく、スピードに長けた加藤ふりかけにとっては、好都合の何者でもなかったのだ!



明らかなデータ不足による戦略ミス。

防御力に乏しい加藤を、ゴキジェットの恐怖からか、一瞬で倒そうとした完全なる戦略ミスである。

戦術タイプの角田が、戦略タイプの加藤になかなか勝てない理由がここにある。







そして、加藤ふりかけが、文字通りゴキジェットを…
























ふりかけた!!

笑っている…ふりかけが、ふりかけながら笑っている。

サランラップシールドで応戦するも、これではひとたまりもない様子の、カス天才。


あえなく白旗をあげ、風呂場に直行し体中にへばりついたVXガスをシャワーで流すことに終始。


しかしこの戦い、加藤ふりかけだけが笑って終わるのかと思いきや…


















しっかりと角田も笑っていた。

彼は、ゴキジェットやおからが嫌いなのと同じくらいの絶対値で、さっぱりするのが大好きなのだ!



両者、素敵な笑顔でドローとなりました。