読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さておかれる冗談

脚本家でイラストレーターのシーズン野田が綴る「活字ラジオ」。たまに映画を酷評し気を紛らわす悪趣味を披露してます。http://nigaoolong.com/index.html

皆さんはどんな終戦記念日を送られましたか?   シーズン野田

本日8月15日は、終戦記念日でございます。

皆さん、お忘れになってはいないでしょうか?

とうことで、にがウーロンを代表し、シーズン野田とライスタ角田で、靖国神社に参拝してきました。

日本人として負けた戦だからこそ、この日に行かなければならないのではないかと思った次第です。

民主党も総理大臣も参拝しに行かないので、僕らが行くしかないわけです。



九段下の駅を降りるや否や、その手の市民達や警察で駅前は溢れていました。

さすが混んでる。


さて、靖国神社についた我々は、まずその鳥居の大きさにビックリしました。

高さ25メートルあるとのことで、やはり靖国は格が違います。

角田のポコチンの25倍です。

大東亜戦争では多くの戦死者が「靖国で会おう」と遺書に残しています。

彼らの魂がこの靖国神社にあるのだと思うと、鳥居の前に、身が引き締まる思いです。


靖国神社には、二百四十六万以上柱の御祭神があり、国のために命を捧げた人々が英霊として祀られています。


そして我々は、何気なく撮った写真に英霊の姿を捉えてしまったのです。。。












あまりのことに手が震えたのですが、よくよく見るとこれがなんと、偽物でした。

英霊の偽物とコブクロの偽物でした。


やはり、英霊はそんなに簡単に写るものではありませんね。

だから英霊なのです。







…さて、大鳥居を抜けると、靖国太郎こと、近代日本陸軍の創始者である大村益次郎の象が見られます。

これもけっこうな大きさで、角田ポコチンの8倍はあろうかと思われます。




さらに進んでいくと青銅製の鳥居としては日本一の大きさを誇る、第二鳥居があらわれます。

ライスタ角田の青白さが、青銅に引けを取らない事に驚きです。




お参りする前に、大手水舎で手と口を清めなくてはなりません。

特にライスタ角田は、俗世にまみれたカス野郎ですのでそれはそれは念入りに清めます。






大きな菊の紋章がある神門を抜けた辺りから、参拝者の列が出来始め、混んできました。




中門鳥居越しに見える拝殿はかなり立派で、美しい造形をしています。


黙祷している角田、目閉じる故に何思う

「馬鹿でかい、おっぱいがもめますように…」


さて、ようやく拝殿の前までやってきました。


「二礼・二拍手・一礼」の儀式です。



二礼

普段、ほとんど頭を下げる事などない角田の礼はとてもぎこちなく、崇高さがたりない。






二拍手
「安らかに…」ただそう祈ればいいだけなのだが角田と言えば…

「安らかに…あと、馬鹿でかいおっぱいをユッサユッサできますように…」


一通り参拝を終えて、遊就館(軍事博物館)へと足を運んだ。

ここには、英霊の遺書や遺品などがおかれている。

英霊も乗っていたと言われるゼロ戦
他にもいろいろ見て回って歩いたのだが、英霊を前にめんどくさくなったので、端折る。


帰りに、田母神前幕僚長を発見したので、握手をして帰ってきました。



小さいおっさんが彼です。


行ってみて思ったのは、靖国神社は日本人の生活に、あるいは精神に根ざした大事な場所である様な気がしました。
今回、この糞暑い中、角田も僕も行って良かったと思っています。



民主党よ、宗教色のない国立追悼施設など作ってなんになる?
税金の無駄使いではないか!

靖国神社という立派な建造物があるのに、意味の分からん事するな!

民主党は本当に大丈夫なのでしょうか…不安になります。